読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダカールのフランス語学校‐入学手続き編‐

こんにちは。

何と前回の更新から1カ月以上が経ってしまいました...。というのも入居したアパートのネット工事で色々とトラブってしまっており、ネット環境がなかなか手に入らなかったのです。ネット開設の際の云々もおいおい書いていければと思いますが、今回はずっと後回しにしてしまっていた学校の話をしようと思います。

 

僕は今フランス語を学ぶために、ダカール中心部のPlateauという地区にある語学学校、”Institut Français”に通っています。この機関は世界中でフランス語やフランス文化の称揚を目的に設立されているもので、日本でも東京、横浜、関西(大阪/京都)、九州(福岡)の4支部5都市に設置されているすごく規模の大きい機関です。

 

セネガルにはダカールとサンルイにあり、今回は主にダカール校の登録手続きについて説明します。

ダカールInstitut Françaisはごった返す街の中にありながら、校舎全体が綺麗な水色の壁に囲まれ、誰でも入ることは出来るものの厳重な持ち物検査を受けなければならず、周囲の中で異質な雰囲気を放っています。

f:id:senegal-ryugaku:20160504055138j:plain

(周囲と切り離され、とても洗練された様相をもつ校舎。ここで手続きを進めます。)

 

この校舎には図書館、映画館、ステージやレストランが併設されており、全てが少し一歩引いてしまうほどに非常に清潔に保たれています。

余談ですが、ここのレストランでは毎週火曜日7500CFA(約1500円)でビュッフェ形式のランチを提供しています。僕のような普段の昼ごはんを500CFAで済ませている学生にとってはかなりの高額ですが、セネガル料理に疲れた時や野菜不足を感じた時などにはありがたい存在です(普段もビュッフェではないですが、しっかりとしたメニューがそろっています)。

 

さて、本題の登録手続きですが実はInstitut Français DakarのHP(http://www.institutfrancais-senegal.com/-Cours-a-l-Institut-.html)に学費や授業日程などは詳しく書かれています。と言ってもここはアフリカ大陸、HPの情報までも眉唾に感じられてしまうでしょうし、日本からネットを介しての手続きなど出来るはずもなく、完全な安心は日本からサイトを見るだけでは得られないでしょう。事実僕もそうで、メールでコンタクトを取ってみたものの返信が来ないまま出国を迎えてしまい非常に不安でした(笑)

なのでここでは出来るだけ詳細に綴ります。学校HPの情報と照らし合わせながらご覧いただくとより分かりやすかと思います。

 

 

校舎に入って少し直進した左手(上の写真の建物です)に受付があり、ここに基本的に2名のスタッフが常駐しています。ここからは勿論フランス語での応対をすることになります。

 

それぞれの学期には約1カ月弱の登録期間が設けられており、例えば4月5日から始まった2016年春学期の登録期間は3月7日から4月1日でした。この登録期間中に受付に赴き、授業を受けたい旨を伝えます。登録が初めての場合は授業登録に加えて、会員登録(L'adhésionとHPには記載)もする必要がありますが、これはまとめて行うことが出来るのでそこまで気にする必要はありません。

 

また登録が初めての場合、ここで所属クラスのレベルを決めるテストを受けることになります。テストは登録期間中の毎週月曜日、水曜日の午後14時30分から行われている(2016年5月現在)ので、テスト後そのまま登録出来るよう月曜日か水曜日に手続きに行かれることをオススメします。

 

テストは文法や語彙の大問が3~5つ載っている紙が一枚配布され、解き次第試験監督のような先生に報告しその場で答え合わせ、ある程度理解しているとみなされれば次のレベルのテストが配布されるということを自分のレベルが判定されるまで繰り返します。

 

テストによるレベル判定が終了すると手続きに移ります。まず授業時間帯の選択です。週5回1日3時間で3週間続く集中コースか、週3回1日1時間半で約2カ月続くゆったりコースがあり、現在は集中コースが朝の9時から、ゆったりコースが夕方6時からとなっています。授業期間は異なりますが、合計時間はどちらも45時間であり、コースによって学費が変わることもないので自分の都合の良い方を選択してください。

この際に自分が受ける授業が開校される教室が教えられます。実はInstitut Français Dakarにはこの手続きを受ける校舎から歩いて15分ほどの場所ににもう一つ校舎があり、そちらの校舎だと言われる場合もあります。ちなみにもう一つの校舎にはレストランや図書館などの施設はなく、完全に教室棟のみしかありません。

f:id:senegal-ryugaku:20160504065426j:plain

(もう一つの校舎。フランス大使館の近くで、上の校舎よりも静かな場所にあります。)

 

その後の手続きは受付のスタッフにより手際よく進められます。用紙に名前や住所、電話番号、メールアドレスなどの事項を記入し、パスポートを求められた際には提示すれば基本的にはスムーズにいくはずです。

 

最後に登録費用ですが、登録期間内であれば授業料が1クール10万CFA(約2万円)、初期会員登録が1万~2万CFA(約2000円~4000円)、教科書が2万CFAになります。僕は会員登録費用が1万5千CFAでしたので、合計13万5千CFAでした。

2度目以降の授業登録では使用する教科書のレベルが変わらない限り、授業料のみの支払いになります。

 

手続きはこれにて完了です!授業が始まる数日前には学校から律儀にも確認の電話が入るので安心度もぐっとあがります。その他学生証の発行にはもう一度別日にこの受付を訪れる必要がありますが、学生証が未発行でも授業は受けられますのでご安心を。

一点注意点を挙げるとするならば、学生証用の写真は受付の人のデジカメによりその場でいきなり撮られてしますので、服装やお化粧を整えて行くことですね(笑)

 

思ったよりもスムーズに進む学校の手続きでした。何か質問があれば何でもコメントしてくださいね。

次は学校の授業内容や雰囲気、クラス構成について書きたいと思います。